蝶々結び
cantess:

koyuki* (by H.hau`oli*)

cantess:

koyuki* (by H.hau`oli*)

国語のテストで小説の一部が出ると、続きがどうなるのか気になってテストに集中できないくらいでした。
ドイツのみならず西欧では幽霊出る物件はマークがつけてあって、相場より2割ほど高い。歴史があるということが尊重される。
(via hsgn)
 どうしてもどうしてもさわりたくて、気が狂うほど、もういてもたってもいられなくて、彼女の手に触れることができたらもうなんでもする、神様。
 そう思った。そう思ってした。自然も不自然もない。せざるをえない。思い出した。本当はそうだった。何となく気があるふたりがいて、何となく約束して、夜になって、食べて飲んで、どうする?となって、今日あたりいけるとお互いが暗黙の打ち合わせをしてる、というものではなかった、本当はただたださわりたくて、キスしたくて、抱きたくて、少しでも近くに行きたくてたまらなくて一方的にでもなんでも、涙がでるほどしたくて、今すぐ、その人とだけ、その人じゃなければ嫌だ。それが恋だった。思い出した。
吉本ばなな『とかげ』 (via marches)
perfectmadness:

0 (by 蘇。Lie with me。)
tar0-tar0:

「キンモクセイ」

tar0-tar0:





「キンモクセイ」




「たとえばね、手負いの鹿が目の前にいるとしますよね。脚折れてるんですよ。で、腹を空かせたチーターが現われますよね。襲われそうですよね。実際、この間観たテレビ番組でやってましたけどね、その時にその場にいた女性アナウンサーが、涙を浮かべてこう言ったんですよ。『これが野生の厳しさですね。助けたいけれど、それは野生のルールを破ることになっちゃいますから』なんてね」 「正しいじゃんか」と鳥井が言う。 「助けりゃいいんですよ、そんなの。何様なんですか、野生の何を知ってるんですか。言い訳ですよ言い訳。自分が襲われたら、拳銃使ってでも、チーターを殺すくせに、鹿は見殺しですよ」
perfectmadness:

IMG_8298 (by junku)

perfectmadness:

IMG_8298 (by junku)